地クラブのドライバーのポテンシャルの高さはご存じですか?

日本で流通しているゴルフクラブのほとんどはアメリカと日本の大手といわれるいくつかのメーカーの製品です。

 

少数派として地クラブといわれる小規模のメーカーのクラブもあります。

 

大手メーカーと地クラブメーカーの差は研究開発費と広告宣伝費のかけ方です。

 

王手メーカーは最先端の研究に基づくクラブの設計に物を言わせて良いクラブを安く大量に作ります。

 

地クラブメーカーは設計に関しては1歩遅れる代わりに少数ながら1つずつ丁寧にクラブを作り、

そのためドライバーやフェアウェイウッドなどの反発規制ギリギリのクラブを作ることで大手に対して戦っています。

 

大手メーカーは反発規制を越えるクラブが出ないよう細心の注意を払っています。

 

ルール的には出荷時に規制値以内に収まっていればメーカーに責任はなく、出荷後に金属疲労によって反発係数が上がったクラブは故障品という位置づけになり、持ち主はそれが発覚した後はそのクラブは競技では使えなくなります。

 

数多く作るほど製品の誤差は多くなるので、反発規制のギリギリの数値にならないようマージンを取ります。

 

テーラーメードやプロギアが反発規制ギリギリを謳っていますがそれでもマージンをとっています。

 

そして、運よく規制値ギリギリのクラブを手に入れられれば大当たり、一番反発係数が低いはずれを引く可能性もあり、

 

そこは自分の運を信じるよりほかはありません。

 

一方地クラブメーカーはギリギリというよりも規制値ピッタリを狙って少量のヘッドを1個ずつ作っていくので、

 

 

大手のものよりも確実にショットのボール初速が速くなり、当たりはずれがありませんが、

 

設計や製法は大手に分がありより低スピンにする技術は引けを取ります。

 

なので、スピン量を減らしたいなら大手の製品を、スピン量が少なくて距離が出せない人は地クラブを選択するといいのではないかと思います。

 

もし、自分のスイングで最高に飛ばせるクラブをお探しであれば地クラブのドライバーも選択肢に入れてみるといいのではないでしょか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。