フックフェースのドライバーの使い方

現在のドライバーはフックフェースの製品は少なくなっています。

 

が、カチャカチャでロフトを増やしたり、スライスを防止する目的のドライバーは例外になります。

 

 

フックフェースのものを使うメリットがある人は、スライスを抑制したい人、弾道を高くしたい人です。

 

スライスを抑制したい人は、フックフェースの通りに構えてフェースが左を向いた状態にすることで、アドレスよりもフェースが少し右に向いても打球がが右へ行かないというわけです。

 

フェースが左に向いていることをあえて忘れてスイングすると効果が出やすいと思います。

 

弾道を高くしたい場合は、左に向いている分だけシャフト軸を時計回りに回してスクエアにした状態でグリップをして構えます。ロブショットと同じ理由でロフトが増えた分だけ弾道を高くできます。

 

いうまでもありませんが、フックが多い人や、弾道が高い人にとってはデメリットが大きすぎるのでフックフェースのものは使うべきではありません。

 

構え方や、打ち方を工夫しても方向性や飛距離が低下すると思われるので、できたら自分に合ったものをご使用ください。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。