ドライバーの飛距離アップができる裏技チューニング

地面の上から決まった距離を打ちたいパターとドライバーを除いたクラブはヘッドを大きくしすぎるとデメリットが多くなってしまうために大きくsるにも限界があります。

 

一方、ティアップして打つことを前提に作られるドライバーはヘッドを大きくするメリットの方がデメリットに比べて大きくなるのでルールで規制がかかるほど大きくなってきました。

 

大きくなることのデメリットは振り心地が他のクラブと変わってしまうことです。

 

というのはヘッドを大きくすることでヘッドの重心距離が長くなってしまいます、シャフトの取り付け位置などを工夫してその違いを軽減する工夫はされていますが、それでも他のクラブと同じように振るというわけにはいかないというのがドライバーの現状です。

 

重心距離が長いとダウンスイング時の軌道に対してフェースが開こうとする力が強くなるので打球は右に飛びやすくなります。

 

そこで、重心震度を極端に深くすることで重心角が大きくてつかまりが良くスイートエリアが広いクラブになっています。

 

この重心角が他の番手より大きくなっているのが特徴で、このようなクラブを使いこなすにはハンドファーストにインパクトすることが求められます。

 

ダスティンジョンソンや、渋野日向子のようなスイングがこのようなドライバー適していています。

 

ハンドファーストの度合いが少ない人ほどこのようなクラブは適していないのでクラブの恩恵を受けきれないのが現在のクラブ事情で、

 

ドライバーで苦労しているといわれている、松山英樹や石川遼、T・ウッズ選手などはスイングのタイプ的にハンドファーストの度合いが少ないのでインパクトで方向性を出すためにはヘッドスピードを出し切ったスイングができなくなります。

 

これは、アマチュアの皆さんにも同じことがいえます。

 

ハンドファーストに打てとよく言われるけどどうもそうできないな感じている人などは少しクラブの恩恵が受けられないグループに属するかもしれません。

 

クラブの設計的には現在のドライバーは重心距離が長く重心震度が深いヘッドになっています。

 

このクラブが適さない人は重心距離が短く重心震度が浅い一昔前の流行のFWで流行った浅短といわれるクラブです。

 

現在のクラブを浅短風にする裏技があります。

 

バックフェース近くに重めの重りが付いているドライバーのヘッドであることが条件で、

 

 

まず、このおもりを取り外します。

 

するとかなりヘッドが軽くなり重心震度が浅くなります。

 

軽くなった分だけフェース寄り、ヒール寄りにおもりを貼るのもありです。

 

重心距離は短くなりませんが、ヘッドが軽くなったことで振り心地が他の番手に近づきます。

 

ただそれだけでは相対的にシャフトが硬い状態ですので1~2段階くらい軟らかいシャフトに交換する必要があります。

 

バランス的には極端に軽いバランスにはなりますが、振ってみると意外に振りやすいことがわかると思います。

 

バランスが軽くなることでヘッドスピードを格段に速くすることができると思います。

 

ただし、これはクラブを軽くするとヘッドスピードを上げて振ることができるのがこのクラブを使える条件になります。

 

現在のクラブを打ちやすいと感じている人は、今のままでいいわけですが、それでももっと飛ばしたいという場合はフェース寄りの重りを取り外して同じように軟らかいシャフトに交換します。

 

おもりを取り外さずにする場合はシャフトを短く軟らかくすることで同様の効果が期待できます。

 

このチューニングのデメリットとしては、今度は重さという点で他のクラブと別物になってしまうことですが、飛距離や振りやすさなど他のメリットの方が大きくなるなら挑戦してみる価値があると思います。

 

もし、やってみて失敗と感じたならおもりを再装着してシャフトを元に戻せば元通りにすることもできるので、飛距離アップしたいという方はぜひトライしてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。