カチャカチャ調整をたら目的によって構え方を変える?

現在主流のカチャカチャで弾道調整ができるタイプのドライバーで調整を行った際に、

 

目的によってクラブのセットの仕方を変えるべきです。

 

スライス、右に行くショットを軽減したい人、弾道を高くしたい人はロフトを+、あるいはドロー、HIGHERに調整します。

 

どれも同じことです。

 

 

スライスを、右に行くショットを軽減したい人は調整をした分だけノーマル時よりも左にフェースを向けて構えてください。

 

いい換えるとロフトが増えた分だけフェースを左に向けて同じロフトにして構えるというのと同義です。

 

弾道を高くしたい人は、左に向いたフェースをフェースがスクエアになるようにシャフト軸を中心に右回りにシャフトを回転させてフェースを開いて構えて打ってください。

 

目的と逆の構え方になってしまうとスライスが高くなるだけになってしまったり、

 

弾道の高さが変わらず左へフックしてしまうことになってしまいます。

 

これでは調整失敗と思ってしまいますよね。

 

カチャカチャ機能を正しく使って上手に活用すればプレーにもプラスに働いてくれるでしょう。

 

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。