ドライバーだけ打てない人の傾向

 

 

ドライバーは調子いいのにアイアンがおかしい、逆にアイアンはいいのにドライバーがおかしい、という人が多いようです。

 

これは、スイングのヘッドの軌道と関連しているケースが多いと思います。

 

 

ストレート軌道と比べてアウトサイドイン軌道だとダウンブロー、インサイドアウトだとアッパーブローになります。

 

アウトサイドインの人はアイアンの方が打ちやすく、ドライバーが打ちにくいと感じる人が多く、

 

インサイドアウトの人はその逆でアイアンが打ちにくくドライバーが打ちやすいと感じる人が多くなります。

 

この場合、ティアップの高さを確認してみてください。

 

アウトサイドインの人は25mm以下、インサイドアウトの人は35mm以上が目安です。

 

もう一つ多いのはドライバーが自分に合っていない、他のクラブと比べてドライバーだけ別物のクラブになっている場合です。

 

ドライバーは単品でセットの中でも1本だけ変えやすいクラブですし、ヘッドが大きいので完全に別物として扱う必要もあるかもしれません。

 

これについては、ゴルフショップに自分のセットを持って行ってスタッフに見てもらい相談するのが手っ取り早くなります。

 

相談してクラブに問題ないとなれば、スイングやアドレスに問題があるということになりますのでスイングとアドレスを見直してみてください。

 

ドライバーだけ打てないまま対策を取らないと打てているアイアンまで打てなくなるような悪影響が出て負の連鎖にはまってしまう可能性もあるので、

 

自分で解決できない場合は専門家に相談することも考えてみましょう。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。