直ドラをするのにいい状況は?

「直ドラ」、最近あまり聞かなくなってきました。

 

その昔、フェアウェイウッドが今ほど飛ぶようになる前はセカンドショットの飛距離を稼ぎたい状況、左が危険な状況で直ドラを選択することがありました。

 

 

 

 

ヘッドが大きくフェースが厚くなりましたが低重心化も進んだため今でも使えないことはありません。

 

ただ、現在は3wで打てば、直ドラよりも距離が出るので距離を稼ぐために打つならば逆効果になってしまいます。

 

しかし、左を避けるための直ドラはまだ有効な手段だと思います。

 

打ち方は、地面の上のボールを直接打つのでボールの位置は通常よりやや右でレベルブローで払い打つように打つのがいいでしょう。

 

ダウンブローに打つと高さが出ないのでフェースに当たってもチョロのような打球になってしまいます。

 

直ドラは3wよりもスライス系の弾道になります。

 

低いスライスになるのが普通で、低いスライスにしかならないといってもいいかもしれません。

 

低いスライスにしかならないなら、左が危ない状況なら左へ行くことはありませんので使いどころになるわけです。

 

左右に受けた傾斜の上がOBの狭いホールならOBを気にせず打って行けます。

 

練習場でも時々数発でいいので練習しておくといざという時に役に立つことがあると思います。

 

マットの上から打つと芝で打つよりも高さが出やすくなりますし、軌道のチェックなどにもなりますので練習に取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。
体験レッスンご予約はお問合せフォームから

遠方の方、なかなか通う時間のない方へ!
LINEで動画を送るだけのオンラインレッスン始めました。詳しくはこちら

お電話でのお問い合わせは03-6315-1551

レッスン中で出られなかった場合は、折り返しご連絡いたします。