ドライバーの製造技術と進化

ドライバーの上達とは無縁のお話です (;^_^A

 

ドライバーのヘッドの大型化に伴い、ヘッドメーカーの金属の加工技術や使用金属の選定は、格段の進化を遂げています

 

ヘッドを大きくしながらも軽くしないと長尺化にもついていけなくなってしまうので、比重が軽く、硬くて粘りのある材料を使い、なおかつ薄い肉厚のヘッドを作らないといけなかった訳です。研究が進み技術も進歩して今ではクラウン(ウッドを構えたときに見える上面)部分の肉厚が0.3mm !?(゚〇゚;)マ、マジ… ほどでできているものもあるようです。
0.3mmというと、JRの特急券と一万円札を重ねたくらいの厚さだそうです。まあよくも割れないもんだ (・へ・;;)うーむ・・・・
テレビとドライバーヘッドの肉厚は進化したら薄くなりましたとさ。  チャンチャン♪ (^▽^;)