雨の日のドライバー

以前にも書きましたが、雨の日はランが期待できないコース状態である事が多く、キャリーが

出るドライバーショットを打てた方が、飛距離のロスを最小限にとどめる事が出来ると思いま

す。キャリーが出るという事は、ロフトに対しての適正なバックスピンの量が必要です。そこで

ご自分が使用しているドライバーを見て欲しいのですが、フェース面にスコアライン(溝)がある

かどうかを調べてみてください。スコアライン(溝)は何の為にあるかというと、水を排水する為に

あるのです。例えば道路の脇には必ずドブ(側溝)があると思います。もしドブ(側溝)が無かった

ら大雨の時に、床上浸水や、水没などの災害が起きてしまうでしょう。。。ゴルフでは災害は

起きませんが、球の飛びに影響がでる恐れがあります。ボールを打った時に、スコアライン(溝)

のあるクラブであれば、クラブフェースの横方向に水分を逃がしてくれるのですが、

スコアライン(溝)のないクラブは、水の逃げ場が無くなってしまいます。そうなるとバックスピン

の量が足りなくなって、ドロップ球が出たり、ドローやフェードを持ち球にしている方がコント

ロールが効かなくなる可能性すらあります。スコアライン(溝)のないクラブをお使いの方は、

雨の日はボールを打つ前に、必ず乾いた布でフェース面の水分を拭き取る事をお薦めします。

ただし普段球が吹け上がって困っている方には天の恵みの可能性もあります。