飛ばし屋のドライバーの選び方が複雑になってきました

低スピン系のモデルが出そろった感のある最近のドライバーですが、ヘッドスピードが速い人のドライバー選びが変わってきています。

 

大きなスライスボールが持ち球?の人でなければクラブで適正なスピン量にすることが出来るようになってきました。

 

現在と比べてスピンがかかりやすいドライバーの頃はヘッドスピードを上げようとしてヘッドを軽くするとスピン量も同時に増えてしまい飛距離アップにつながりませんでした。

 

重いヘッドで急加速を抑え重さをエネルギーとして利用し、スピン量の増加を防ぐ必要がありました。

 

現在は飛ばすだけならヘッドを軽くして単純にヘッドスピードが上げられればスピンがかかりにくいヘッドを選択するだけで飛ばし屋になれるわけです。

 

結果的に総重量もバランスも軽いクラブになります。

 

このクラブだと筋力がなくても瞬発力さえあれば飛ばし屋になれます。

 

T・ウッズがデビュー当時の肉体(今より細く軽い)を維持していれば今頃はものすごい飛距離になっていたかもしれません。

 

現在のクラブでは筋肉が多すぎると重さが邪魔をしてヘッドスピードを上げにくくなってしまいます。

 

ということで、これからの飛ばすためだけのドライバー選びはヘッドを出来るだけ軽くしてしなりにくい分は柔らかいシャフトをチョイスして、軽いグリップを装着することでヘッドの重さを感じやすくしてやれば ぶっ飛びドライバーの出来上がりです。

スコアを出すためにはラフからのショットを上手く打つためには重さも必要なので、上記のドライバーの流れで行くとラフからのショットに問題が生じてしまいますからある程度の重さは必要で、そうなるとドライバーとの振り心地が変わり過ぎてしまうというのが問題点となります。

 

ドライバーだけ別物としてセットを組むのか?、アイアンからの流れを大切にして飛距離を妥協するのか?

 

身体の作り方もラフからのショットは重いものを速く振る力が必要ですが、ドライバーの距離だけで行けば筋肉をつけすぎずクラブを振る瞬発力を鍛えるのが近道です。

 

また、ドライバーを軽くするほど肘や肩の野球の投手のような怪我をするリスクが出てきます。

 

ドライバーショットとラフからのショットはバドミントンとテニスほどの適性の違いが生じますのでどちらに重きを置くのか?はあなた次第です。

 

女性の方に関しては、重さが適正になってきただけなのかもしれませんのでご心配なく。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら