ラフからのテンプラショットを防ぐ

ティーショットがラフに止まって、ボールの場所に行ってみたら綺麗に球が浮いていて、ラッキーだと思ったらテンプラやダルマ落としになってしまった経験がある方も多いと思います。

 

浮いたラフからテンプラを防ぐ方法は「クラブを上から打ち込まないようにする」事もしくは「テンプラになりにくいクラブを使う」と良いでしょう。

 

ラフと言っても芝の根元にボールが達している事はケースはかなり少なく、上から打ち込むことによってクラブのソールが抜けなくなりかえって距離が出なくなる事が考えられます。距離を大きくロスする時は大抵の場合はクラブフェイスの重心よりも上に当ってしまったケースです。

 

それを防ぐためには適度なアッパーブローに振ると有効です。

 

トップになるかもしれませんが、テンプラにはなりません。

 

次の方法としては、クラブフェイスが上下に長いクラブを使用することです。

 

この方法であればスイング軌道がダウンブローの方にも有効であると思います。

 

フェアウェイウッドよりユーティリティクラブ、ユーティリティよりもドライバーといった具合に難易度は別としてテンプラにはなりにくいと考えられます。

 

テンプラにお悩みの方はご参考までに。