明治の大砲2

ってしまう人はチーピンも出やすいのですが多くの場合テンプラになりやすいスイングでもあります。

 

このような方はダウンスイング以降、肩の回転や左への体重移動でグリップエンドを引っ張り、アドレス時のグリップエンドの位置をグリップエンドが通過するくらいまで引き続けることができれば大きく改善されるはずです。

 

ただ、副作用として球が右へ行ってしまうようになると思われます。これは多くの場合左脇があいてヘッドが戻らない状態です。左の上腕(肘と肩関節の間)がわきをしっかりしめることでグラグラせずに安定することができればこれも改善されるでしょう。

 

明治の大砲になってしまう人は自覚できていることが多いので思い当たる人は少しでも早く改善に努めていただきたいと思います。