テンプラとラフからのクラブ選び

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ テンプラしてしまう人のラフからのクラブ選びのお話です♪

 

アウトサイドインの軌道でセカンドショット以降のショットを打ったときにダフってしまう場合のスイングとテンプラは同じ内容のミスショットです。このミスが出る人はラフからはアイアンで打つことが賢明な選択と言えます。

 

ラフに入った時のライで多いのは地面からは浮いているけど芝の葉の先からは沈んでいるという状況です。上からライを確認したときには視覚的には沈んでいますが地面からは浮いていることが多いのです。

 

このケースは高いティアップをして打つのと同じなのでヘッドがボールの下をくぐって空振りをしたりテンプラになって距離が出ないミスショットを予防する必要があります。

 

一番簡単な方法はアイアンを選択して打つことです。

 

アイアンはクラブの中ではフェースが厚いのでテンプラの予防には最適ですし、長いクラブよりもヘッドに重量がありロフトも大きいのでラフからの脱出には確実な選択と言えます。

 

そして、フェアウェイに確実に戻して次のショットで勝負をかけましょう。

 

このように、ラフからは守り、フェアウェイからは攻めることでプレーの攻守のメリハリがついて大叩きを避けながらチャンスを待つような内容のゴルフができて、結果的にスコアアベレージも良くなると思います。

((((((( ‥)ノ |EXIT|