フェアウェイウッドのテンプラ

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ  フェアウェイウッドのテンプラ対策です♪

 

高くティアップをするドライバーはテンプラが出やすいのですが、セカンドショット以降のフェアウェイウッドのショットでもテンプラになることがあります。

 

ドライバーの場合、テンプラのミスが多い人はティアップを低くするなどの対策をとることができますが、ノータッチルールでのセカンドショット以降はそうもいきません。逆に6インチプレースOKの場合には、ラフの上などにそ~っとプレースしてしまったがためにテンプラになってしまったりすることもありますが・・・・・・。 (;^_^A

 

ということでテンプラが出やすい人は、ティショットや6インチプレースの際はボールの位置を低くしたほうが未然にミスショットを防ぐことができます。よくドライバーのティアップの高さはソールしたドライバーのフェースからボールが半分出るくらいと言われていますが。テンプラにはならない人でもアウトサイドインのヘッド軌道の方は低くしたほうが打ちやすいので試してみてください。プロでもアウトサイドインの軌道でフェードボールを持ち球にしている選手はティアップを低めにしている人が数多くいます。

 

ボールがフワっと浮いたライのラフから打つ場合はフェアウェイウッドをやめて、フェースの厚みのあるユーティリティやアイアンで打っていったほうが安全です。どうしても打たなければならないケースでは、インサイドアウトのヘッド軌道で打てれば易しく打つことができます。

 

インサイドアウトの軌道で振ろうとしてもできない人は潔くアイアンに持ち替えるようにしてください。しかしこれからのゴルフでひと皮剥けたいと思う人は練習場などでアウトサイドインの度合いを小さくするかインサイドアウトに振ってもボールが上手く打てるように工夫と練習をしてください。きっと幅のあるゴルフができるようになってスコアもアップするでしょう。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|