チーピンの打ち方

チーピンはフェースがスイング軌道より極端にかぶってインパクトした場合にロフトが少なすぎて低くて急激にフックする弾道になります。

わざとチーピンを打とうとした場合はインパクト前にシャフト軸を半時計回りに大きく素早く回転させると打つことが出来ます。

もし、正常なアドレスからシャフト軸を回転させずにチーピンを打とうとした場合はとても打つことが難しくなります。

ちなみにフェースを変えずに打つと言われる打ち方はこのシャフト軸の回転を抑える打ち方と言い換えてもいいかもしれません。チーピンの克服には必須のポイントだと思います。