明治の大砲

右が軸足になる方に多いのがいわゆる明治の大砲といわれる右脚に体が乗りっぱなしでフィニッシュをむかえてしまうスイングです。この場合スライスを持ち球にしてゴルフをして行くのが自然なのですが、アドレス時の体の位置よりも右にいる状態でクラブが返ってしまうとチーピンになってしまいます。

 

この場合、ダウンスイング以降の体の回転をフォローまで続けるか、脚がアドレスの位置に戻るようにフットワークを使うなどしてハンドファーストにインパクトをむかえるようにしましょう。インパクトで体がアドレス時よりも右に残ってしまう人はハンドファーストのインパクトになるよう注意することが必須です。