カール♪

トップの位置で左手首が手の平側に折れることを左手がカールしているという表現をします。

 

カールするとほとんどの場合フェースが閉じている状態になります。このカールした状態のままインパクトを迎えてしまうと低いボールになるかチーピンになりやすくなります。

 

このタイプの人は最近のプロではD.ジョンソンが挙げられます。低いボールでゲームを組み立てる選手ですので全米オープンや全英オープンなどを得意としてマスターズは少し不利になります。

 

こういうタイプだとすればカールしたトップのスイングを突き詰めていけばいいと思います。

 

しかし、スイングエラーとしてカールしてしまうと球が上がらない、チーピンするということの原因になるので、アドレスの手首の状態をキープしてスイング出来るといいでしょう。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|