チーピンの原因のお話です♪

プロのインパクトの瞬間の写真や静止画を観察すると右肘が伸びきってインパクトしている人はは一人もいません。

 

とすると、右肘が曲がった状態のインパクトが良いインパクトの一つの条件と言えるはずです。

 

右肘が曲がって当たるためには右肩はアドレスより低い位置でないとボールにヘッドが届かなくなってしまいます。

 

逆に右肩の高さががアドレスと変わらなかったり、高くなってインパクトを迎えてしまったら、右肘が伸びた状態のインパクトにならざるを得ないのでフェースの向きが極端にクローズになってしまいチーピンになりやすい打ち方と言えます。

 

このような打ち方になってしまっている人はクラブを持ってインパクトの体勢を作り、その体勢からフォロースルーからフィニッシュに向かってスイングするようなドリルをするなどして、良いインパクトの体勢を探してみてはいかがでしょうか?

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|