低いボールとチーピン

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ 上級者に多いチーピンのお話です♪

 

ゴルフが上手くなるほど危険なサイドを避けようとして安全サイドへのミスショットが多く出るようになる傾向があると思います。

 

例えば、右ドッグレッグのホールをショートカットして狙おうとした場合にチーピンになってしまう事があります。

 

この場合はチーピンはキャリーが出ずに左へ曲がっていき距離も出ないのでフェアウェイを突き抜ける心配がなく、距離は残りますが、いいポジションからセカンドショットを打つことができるので、都合のいいミスと言えます。

 

スコアメイクが上手くいかない人は、右へのミスをしてしまいます。これは非常に大きな差と言えます。

 

また、風の強い状況や、左右のマウンドを越えたらOB、などのホールでは低いボールを打とうとすることがあります。

 

低い球を打つためにはハンドファーストなインパクトをして、ロフトを立ててヒットしようとします。

 

この時にダウンスイングのエラーで、ハンドレートにインパクトしてしまうとやはり、チーピンになってしまいます。

 

このケースも、逆にフェースが開いて高く上がってしまうよりはましな結果になってくれます。

 

このように、チーピンが出てもいい状況もあるので、チーピンが出なくなる方がいいですけれども上手く付き合っていく方法もあると思います。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|