チーピンの原因

 

クラブの特性の話から入ります。セットアップをした状態で、シャフト軸を中心にシャフトをゆっくりと自分から見て時計回りに回すとフェース向きはターゲットよりだんだん右を向きながら上に向いていきます。反時計回りに回すと左を向きながら低い方向へ向いていきます。

 

ロフト角の小さいクラブで極端にフェースが左へ向くとロフトが0°に近づきバックスピンがかからず、大きく左へ曲がりながら急降下する打球になります。これがチーピンです。急降下せず左へ滑るように曲がっていくボールはチーピンという言い方はあまりされません。これは・・・・・・・どフック、 ヘ(__ヘ)☆\(^^;(溜めて言うほどの事か?)  と言われることが多いんじゃないですかね。これは特に定義があるものでもないので、個人的な定義です。あしからず。 (;´∀`)

 

シャフト軸を中心の回転が少ないのが良いスイングだと思います。これを抑えてストレート気味のボールが打てるようなスイングを目指しましょう。( ^∀^)