ラフだとダフる?♪

平らな地形にあるラフの芝の葉先と同じくらいにボールの頭が沈んでしまった場合に7番アイアンで普段通りのスイングで打ったとしたら、ボールの手前20~30cm程手前の芝生にヘッドが触りボールをヒットすることになります。しかしこの場合は20~30cmも手前にダフったというわけではありません。どうしてもそうなってしまうのですが、これを嫌がってトップしてしまうケースがあります。それではもったいないので、この場合は、周囲に似たライを探してリハーサルしてみましょう。その結果、ああ、20~30cm手前からヘッドがラフの芝に触るんだなということを納得した上でショットに臨むといいと思います。

nbsp;

ラフでは芝生の葉先に近いところほどヘッドに対する芝生の抵抗は小さく、深いところにある茎の部分を通るとちょっとやそっとでは振り抜けないほど強い抵抗を受けてしまいますので、気を付けてください。

nbsp;

しかし、もう関東地方では芝生が伸びない時期に入り始めたので、芝生の湿度が低く振り抜ける状態になってきました。女性の方や、非力な方はこれからが良いスコアが出せるチャンスですよ。
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
nbsp;

nbsp;