トップの原因がダフり?

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ トップの原因のいついてのお話です♪

 

キャリアの長い人に多い話なのですが、コースでトップすることが多い人の中で、根っこはダフりやすいスイングなので、ダフリに散々痛い目にあわされてきたベテランゴルファーは無意識に何かしらの調節でダフリを回避しようとします。

 

その結果、コースでトップばかりするようなケースが多くなり、最終的にダフリもトップも出るスイングになっていってしまいます。

 

結果論ですが、この場合は最初にダフリの原因を探り解決しておかなかったことが、このような最悪の結果を招いてしまいました。

 

このように、ゴルフでは何かしらのミスを嫌がって逆のミスが出てしまうことが他にも多くあります。

 

これを逆手にとって、ランニングアプローチの時にワザとトップする要因を取り入れてダフリを回避すると結果オーライになる確率を高めることが出来たりもします。

 

こうして、状況に合わせてミスに偏りを持たせることは立派な戦略ですが、どちらのミスが出るかわからないようだとゴルフが難しくなってしまいます。

 

なにかしらのミスが続くようになったら、早期解決を試みないと、あとで、スイングが非常にややこしいモノになり長いトンネルに入っていってしまいますので、注意しましょう。

((((((( ‥)ノ |EXIT|