クロスバンカーからダフり気味に攻める

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ クロスバンカーからの打ち方です♪

 

クロスバンカー(フェアウェイバンカー)からの打ち方をご紹介したいと思います。

 

クロスバンカーに入ってしまったときにまず確認したいことはアゴの高さで、どのくらいの高さに打ち出せばアゴを超えるかを把握するためで、アゴを超えてクロスバンカーからの脱出を最優することを決めます。

 

次 にボールのライを確認します。柔らかい砂ならボールの自重で少し砂の中に沈んでしまったり、レーキでならした跡などにハマり沈み気味のライになりやすく距 離を稼ぐことが難しい状況になりやすく、逆に雨上がりのときや硬い砂ならあまりボールが沈まずボールに当てやすくボールの打出しも高くしやすくなります。

 

そして、どのように打つかを決定します。ライがよかったり、アゴが低ければトップ気味に打って飛ばな過ぎを防ぎます。ライが悪くアゴも高ければダフリ気味にして低すぎてアゴに当たることを防ぐというふうに考えるといいと思います。

 

今回は上記のトップ気味に打つときのアドレスと打ち方について触れたいと思います。

 

ダフり気味に打つ場合のヘッドの当たり方としてはヘッドは普段のスイングよりもインサイドアウト気味にして先に僅かに砂に触れてからアッパー気味にヒットすることでボールの打ち出しが低くなりアゴに当たってボールがクロスバンカーから出ないリスクを回避できます。

 

アッパーブローにに打つためには、インサイドアウトの軌道にするのがいいと思います。ひとつ実験して欲しいことがあります。練習場の打席などで、アイアンを持 ち、アイアンマットを極端にインサイドアウトのスイングで叩いてみてください。普段のボールの位置より右側を叩いてしまうことがお分かりいただけると思い ます。インサイドアウトの軌道でスイングするとヘッドの最下点はストレートよりも右になります。これを利用してクリーンヒットする軌道よりもインサイドアウトにすることで打ち出しの高いボールを打ちます。こうしておけば本当にダフってしまったとしても距離は大きく落ちますがクロスバンカーからは脱出できますので最悪の自体を回避することができます。

 

スイングの精度が低いと必ずしも上手くは行きませんが確率を高くすることは出来るはずですのでお試しあれ。

 

( ・・)_/ゞ ~゜ (「゚ー゚) オッ! 脱出成功!! ( ・ P