片足でしっかり立てますか?

普段、靴下をはく時に立ちながら行っている方は読みとばしてもらって構いません。

靴下はくのに立ちながらは絶対無理!という方で、ゴルフのボールが飛ばないとか、トップやダフリが出やすいという悩みをお持ちの方は、以下のトレーニングをオススメします。(ただし、足首やヒザにトラブルがある方は、それを治してから行って下さい)

① 両足を揃えて立った状態から、右腕を肩の高さまで体側に沿って上げ、その高さで指先を壁につけ身体を安定させる

② 右ヒザを太ももが身体と直角になるところまで上げて静止する(この時、お尻が後ろにずれて”くの字”にならないよう、あたまのてっぺんから左足までが真っ直ぐになるように立って下さい)

③ 左足首とヒザを曲げ軽く体を沈めた後、元の位置まで戻す動作を連続で10回行う(沈み具合は目線で10~15センチ程度、テンポ目安は曲げて1秒、戻して1秒で、1往復が2秒くらい)

④ 身体を反転させ、壁につける手と立つ足をチェンジして、同じ動作を10回連続で行う

⑤ ③と④をセットにし、2ないし3セットを行い、いったん終了

⑥ ⑤を1日の中で間をあけて3回以上行う(例えば、朝、昼、晩とか)

以上のトレーニングを続けて行く中で、楽に片足立ちしながら靴下がはけるようになる頃に、ショットの変化が見られるようになるかもしれません。またこのトレーニングで左右差があるようでしたら、多少その差を縮めるよう負荷の度合いを変えていくのも有効です。

怪我には十分注意しながら、少し気長に取り組んでみて下さい(^_^)v