腰痛とトップ

腰痛の方のスイングで多いのがダウンスイングからフォローにかけて骨盤が後傾して上体が起き上がってしまいシャンク、トップ、飛距離の減衰等を引き起こしてしまいます。

 

これは腰痛を改善することが根本的な解決策ですが、腹筋などの上半身を前に倒すような力をアドレス時に入れておくことである程度の予防をする事が出来ます。

 

体が起き上がってしまうこと自体は本能的に体をかばう動きですので、上記の方法で改善が見られない場合は休養、治療、リハビリなどを心掛けた方がショットの回復にも近道になると思います。