グリーン周りの往復ビンタ

初心者やアベレージゴルファーの方の中にグリーン周りまで順調、あるいは、ようやく辿り着いた後、トップを連続してしまい、グリーン上を行ったり来たりする、いわゆる往復ビンタで大叩きにつながってしまう方も多いと思います。

 

トップといっても、ダウンブローに当たるトップならグリーンの中にはとどまってくれるのですが、アッパーに当たってしまうとスピンがかからずグリーンを出ていってしまいます。

 

アッパーに当たることを防ぐためには、アドレスよりもハンドファーストにインパクトできればいいのですが、そのためには首の付け根がアドレス位置か、目標寄りにあるように打てると比較的当てやすくなります。

 

フルショットの時にはビハインド・ザ・ボールといわれるように頭がアドレス時の位置よりも目標から離れていないと遠心力に負けてしまい、バランスを崩したり、強く振れなかったりしてしまいますが、グリーン周りのアプローチぐらいのスピードでしたら遠心力に負けてしまうことも無いので、ビハインド・ザ・ボールになるとヘッドの最下点がボールの右にずれてアッパー軌道で打つ事になってしまいます。

 

機会があればプロのトーナメントの中継やインターネット動画などでショートアプローチのスイング中の頭の位置を観察してみて下さい。グリーン周りで頭を残そうとしている人はほとんどいないことに気づくと思います。。

 

ショートアプローチでは頭を目標方向に動かしながら打つようにすると往復ビンタから解放される事でしょう