トップ

クラブフェイスの刃に当たるトップボールは、右の手首がほどけることで起こりやすくなります。

アプローチの距離に対して、バックスイングが大きくなりすぎる人などは特に要注意です。

大きすぎるバックスイングから、インパクト前にかけて、クラブを握っている強さを緩めて距離を調整する人に、上記のトップが多くみられます。

クラブの握る強さを極力一定に保ち、スイングを行うことで緩まないインパクトを作ってみてください。