トップとスライス

トップボールとスライスボールが多く出る方は、インパクト付近で左肘が引ける方が多くいらっしゃいます。

左肘が引ける為に、フェイスがスクエアに戻らずにスライスしてしまったり、肘が曲がる分、スイングの半径が短くなりトップボールになっているのではないかと推測されますが、これを直すにはグリップに上からの圧力がかかるようにすると良いと思います。

練習方法としては、クラブを2〜3本持って、素振りをします。

この際にヘッドが落ちないように、左手でグリップを上から抑えられるようにすることで、左肘は伸びてスイングを行えるようになると思います。

左肘の引けにお悩みの方は、お試しください。