グリップ交換したらトップが出るようになった?

この前、数年間使い続けているフェアウェイウッドを初めてグリップ交換した方がいらっしゃいました。気分一新と思ったらチョロ連発になってしまったということで相談を受けました。「前よりグリップが太く感じると言うことだったので打たせてもらうと一発目は私もチョロを打ってしまいました。

nbsp;

よくよく計測してみると、純正グリップより5gほど重くやや太いグリップが入っていました。バランスで言うと1ポイント弱軽くなり、総重量が5g重いクラブになっていました。総重量が軽いクラブほどグリップ重量の変化で振り心地が変わりやすくなります。そして実際のヘッドの重さは変わらないので性能自体の変化は極々小さいものですが、相対的にヘッドが軽く感じることが原因でヘッドの重さを感じにくくトップになってしまったことが考えられたので元の重さと太さに近いものにグリップを変えてみると、元通り打てるようになりました。

nbsp;

とすると、これを逆手にとり、ダフリが多い方はグリップを少し重く、トップが多い方はグリップを少し軽くするとミスの軽減につながる場合もあります。

nbsp;

一昔前はグリップと言えば黒、60口径のグリップなら50gでバックライン有りのものしかありませんでしたので、握った感触の良いものを選ぶくらいしか選択肢がなかったのですが最近は太さ、重さ、カラー、バックラインの有無を選ぶことが出来るようになっていますので、ご自分のクラブのグリップもいろいろ工夫してみるといい結果につながるかもしれません。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|