トップしてもいい状況

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ トップというミスをしてもスコアが崩れないかもというお話です♪

 

プロやアマチュアの上級者でもプレー中は多くのミスショットを打ってしまいます。

 

しかし、このミスショットを詳しく見てみると、ミスの度合いの割にはあまり悪い結果になっていないことが多いんです。いわゆる結果オーライですね。

 

例えばライの悪いグリーン周りからのランニングアプローチでトップしたり、アゴの低いフェアウェイバンカーからトップしたり、左が危険なホールで大きく球を右に曲げてしまったりという風に一番してはいけないミスショットの逆の性質のミスをしていることが多いんです。

 

するとその後にリカバリーできるチャンスが最低限として残されていることになります。そして、そのリカバリーをする力があればパーをセーブすることも出来るわけです。

 

するとどうでしょう? やってしまったミスがパーをセーブしたことで自分の心理としてはミスがなかったことになってしまうんです。見ている側からしても印象としてはミスショットをあまりしない人に見えたりもします。

 

ひとつのミスショットを最低限に抑えられたことでリカバリーができたことで起こる好循環の一例でした。

 

トップというミスは状況によっては結果オーライになる事が多いミスショットです。ダフったらまずいことになりそうな状況では積極的にトップさせるなんていうこともスコアメイクのためには欠かせない技術だと思います。

((((((( ‥)ノ |EXIT|