行ったり来たり

グリーン周りからのアプローチでトップ。グリーンをオーバーしてまたトップ。グリーン周りを行ったり来たりして大叩きしてしまうパターンがあります。アッパー軌道でトップするとこのパターンに陥ってしまいます((((;゚Д゚))))

 

アッパー軌道というのはクラブヘッドが最下点を過ぎてからヘッドの上がり際がインパクトになる軌道です。この軌道でトップするとバックスピンがほとんどかからず、どこまでも転がっていってしまいそうな打球になります。同じトップでもダウンブローに当たったトップならバックスピンがかかるのでブレーキの効いた打球になってグリーン内に止まってくれます。

 

ダウンブローに当てるための条件の一つは、ハンドファーストにインパクトすることです。このインパクトの瞬間のグリップエンドを低い位置でむかえることができれば(・∀・)オッケー!。試してみてくださーい。 ヾ(*’-‘*)