シャンクの治し方

シャンクはアイアンのネック部分のフェース寄りに当たり打球が極端に右に飛び出してしまうミスだというお話はしました。

 

インパクトでネックにボールが当たるということは、構えた位置よりもヘッドが体から離れて当たるということです。確実に言えることはグリップエンドがアドレス位置にピタリと戻れば絶対に出ないミスショットです。

 

グリップエンドが体から離れて当たる理由の一つに、ダウンスイングの時の遠心力が関係しています。遠心力がインパクト前後の腕に体から離れるように作用し、ヘッドを下に引っ張ります。この時に遠心力に体が負けると、ヘッドも体から離れてしまうためにネックに当たるというわけです。

 

例えば7番アイアンで軽く打つ、アプローチを柔らかく打つ、と思っているときなどは軽く打つと思うあまり、体に対する腕の引きつけが弱くなりすぎて体から離れるシャンクになります。逆にいつもよりもアイアンで距離を出そうとしたとき、自分のショットの成長過程で急にヘッドスピードを出せるようになってしまった場合も同様に思ったよりも遠心力が強くなってしまいシャンクが出やすくなります。

 

今回のシャンクの原因は良い打ち方をしているのにもかかわらず、遠心力に対し自分が出す向心力が弱い場合の力の入り方だけの問題です。昔、「シャンクとナイスショットは紙一重」という格言がありました。また、「シャンクが打てれば一丁前だ」と言っていたプロもいました。今回のケースはこの格言とリンクしたシャンクだと思います。

 

決してシャンクを推進するものではありませんのでご了承を。(;´∀`)