深刻なシャンク病

教えてgooから質問を拝借しました

Question

シャンク病が重症で深刻に悩んでいます。
長文ですがどうか皆さんのアドバイス、ご意見をいただきたく質問させてください。

ゴルフ歴10年、アベレージ100の万年アベレージゴルファーです。
練習もし、コース経験も増やし8年ほど前から100切り前後程度まではもってきました。

重度のアウトサイドインのスイング軌道でしたが修正してインサイドアウト軌道のドロー軌道を習得しスライス・ひっかけは克服しました。

ドライバー、FW、アプローチ、パターはほぼノーミスでコースをまわれるようになりましたが、肝心のアイアンが全くダメです。

ショートアイアンでコースでショットすると80%くらいの確立でシャンクがでます。
シャンクの修正方法や理論はかなり勉強もし、練習場ではアイアンはシャンクはでず全くまがらないのですが、コースではほぼすべてのショットがシャンクしてしまうんです…。

今日も前半ハーフ39でラウンドし、夢の90切りかと思いきや7~9・Pアイアンでほぼすべてシャンクし後半62でした…(ちなみに前半はユーティリティでパーオンがおおくアイアンは数回しか握っておらずアプローチでこなしました)

このシャンク病はゴルフを始めて今日までラウンドすると必ずといっていいほど発生しつづけておりこんなゴルフに正直疲れました。
もう自分にはセンスがないのだとクラブを置こうとさえ思っている程です。

アイアンで練習場どうりのスイングができさえすれば90を切るくらいまではできると5年前から思い続け今日に至ります。

今はミドルアイアンはあきらめてユーティリティでマネジメントしていますが、ショートアイアンは恐怖です。
170Y・180Y先のグリーンにはオンできるのに120、100、90と残るとシャンクでグリーンオンまで4打、5打とかかってしまうのでこの距離さえ克服できれば自分のゴルフ人生は劇的に変わると思うのですが。

こんな自分に練習場道理のスイングができない理由などご意見、アドバイスをいただきたく質問いたします。
とくにシャンクが起こる原因をいただければ幸いです。

Answer

やはりシャンクが出る人の悩みは深刻になってしまいますね。

約80%の確率でシャンクが出るとのことでしたがこの再現性があれば一度芯でヒットできれば芯から外れないでしょうし、UTでグリーンを狙って39で回れることからも大きな可能性を感じます。

あくまで推測ですがUTでパーオンできるということはインパクトの瞬間にアドレス時のクラブの位置と比べてハンドファーストの度合いが少ないかハンドレート気味に当たっている可能性があります。

一つ実験をしてみましょう。クラブはなんでも構いません。クラブを持って足を揃えた状態でボールに向かってアドレスします。そしてシャフトがターゲットラインと直角になるように構えた時と極端なハンドファーストに構えた時のボールと足との距離を比較してみてください。ハンドファーストの度合いが大きくなるほどボールは近いほうが構えやすいのではないでしょうか?

とすると、もしショートアイアンをハンドファーストに構えてそれよりもハンドレート気味にインパクトするとヘッドは足から遠くなりネックに当たりシャンクになります。

この質問者の方の場合はアドレスのクラブ位置よりもハンドファーストにボールをヒットすることをしてみると改善される可能性があります。

また、ラウンドでシャンクが出てしまう時は例えウェッジの距離でもUTで転がしてグリーンを狙うくらい、転がしの練習のつもりで行くといいでしょう。無理にアイアンを持ってシャンクが出てしまうのならこうしたほうが無駄な精神的ダメージを受けずに済みます。シャンクが出てしまうというこんな時期でなければなかなか取り組めない練習です。

また、練習場ではあまりシャンクが出ないということが文面から感じます。練習場で出来てコースで出来ないという場合で人によっては脳の中で練習場とコースという二つのファイルに練習場のスイングとコースのスイングという風に別々に取り込まれてしまっている可能性があります。その場合はいくら練習場で練習してもコースでの結果に結びつきません。この場合は練習場に行かずラウンドしながらスイングの練習をするラウンド(スコアを付けない)を用意してみるといいと思います。できるだけアイアンを使ってラウンドしましょう。シャンクが多く出るかもしれませんが何球か上手く打てる事を経験しながら上手く打てたショットを記憶していきます。

プロでもラウンドは多くこなすけれど練習場にあまり行かないという人もいます。練習場の練習から一時離れることもひとつの方法です。