ミスショットを利用する

例えば、残り距離が150ヤードあって、6番アイアンでちょうどいいはずが、右にスライスして10ヤードショート、逆に左にフックして左の奥にオーバー、というようなことが上級者になるほど起こります。

 

これは、アイアンで同じヘッドスピードなら、スライスすると距離が落ちて、フックをすると飛び過ぎるからです。

 

理由は割愛しますが、ドライバーやフェアウェイウッドの場合は、打球のスピン量が少なすぎて飛ばない人などは、スライスの方が距離が出せる場合もありますが、これは例外です。

 

この法則を利用してゴルフ場の設計者は左右にバンカーを配置する場合、右は手前に、左は奥目に設置したり、長いパー4だと、難しくなりすぎないように右は奥目に、左は手前目に配置して、視覚的なプレッシャーを与えるだけにとどめたりする設計の手法がよくとられます。

 

グリーンの形状でも、距離の短いサービスホールや、難しく造りたいホールなどは左手前が近く、右奥が遠くなるようにすると、真ん中を狙って左へ引っ掛けると左奥にこぼれて、右にスライスすると右手前に外れるので乗せるのが難しく、逆なら易しくなります。

 

プレーヤーとして利用するなら、ボールを止めたいケースや、少しだけ距離を落としたい時などは軽いスライスボールを打つことで、対処できます。

 

初心者の方にとってのスライスやフックはミスショットというイメージがあるかもしれませんが、わざとフックやスライスを打つことで、コースをうまく攻略するという使い方もあり、こういうわざといろいろなショットを打つことをインテンショナルショットと言います。

 

ドライビングレンジでの練習の際は数球でいいのでインテンショナルショット必ず打つようにすると、ゴルフの楽しみ方も拡がりますから挑戦してみてはいかがでしょうか?