スイング中のフェース向きとフック♪

フックボールはインパクト時のヘッドの軌道に対してフェースが左に向いて当たったときにフックボールになります。ただしインパクト時に軌道がターゲットより右に向いてフェースがターゲットに向いていれば右に出たボールがターゲットに向かってフックしていくので良好な結果になるでしょうからフックすることでそんなに困ることはないでしょう。

nbsp;

ということでインパクト時の軌道に対してのフェースの向きが球筋を決める訳なのですが、インパクトの瞬間だけフェースの向きをコントロールすることは人間の持つ能力では不可能ですから、スイング中のフェースの向きをできるだけインパクトでスクエアに当たるであろう向きにコントロールすることでターゲットにボールを運べる可能性を高くすることが方向性に関しての核になる技術だと思います。

nbsp;

自分がわかりやすいダウンスイング中の一箇所とフォローでの一箇所でグリップエンド、ヘッドの位置フェースの向きを決めてその通りになるようスイングをしてどのような球筋になるかを試してみてください。プロの動画やレッスン書などを参考にしてもいいでしょう。思った通りに振ってるつもりというだけでも構いませんので上記の二箇所のクラブの位置とフェースの向きをいろいろ変えて自分にとってのベストポジションとフェースのベストアングルを探す作業をしていくことで偶然ではなくコントロールをして狙った方向にショットを打てるようになっていくはずです。易しくはないし、時間も必要かもしれませんがこれを突き詰めていく作業を続けていく事がスイング作りにおいてのとても重要な部分ですのでやってみて欲しいと思います。
div class=”entry-content”
div class=”entry-content”

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

/div
/div