右向きアドレスとフック♪

ラウンド中のアマチュアの方のセットアップの向きの傾向として、真っ直ぐに狙って構えているつもりが、右に向いてしまっているという方が多く見られ、ドライバーだと右ラフに向いて、フェアウェイに打とうとしています。

 

このような場合には、当然打ちたいのは構えた方向よりも左になるので、左に飛ばすスイングが身についてしまい、その結果この種のフックはロフトが立って低いフックになりがちです。このような状態の方は練習場ではマットに合わせて真っ直ぐ構えることが出来たりすると、ヒッカケフックが連発し、それを修正できてしまうと本番では右を向いて右に真っ直ぐ行ってしまうのでまたヒッカケフックに逆戻りというスパイラルに陥ってしまいます。

 

プロゴルファーでも気付かぬ内にセットアップの向きが狂ってしまうことが頻繁にありますが、早期発見をして早めに修正されていきます。

 

そこでアマチュアの方でも心当たりのある方は、市販のアライメントスティックやクラブのシャフトを利用して足元に置き目標に対してしっかり構えられるまで繰り返しましょう。出来れば悪くなってから直すのではなく冬場に風の予防にうがいをする習慣と同じようにルーティーンとして頻繁にチェックしてください。

 

アドレスの狂いから来る成績不振はもったいないうえにキズも深くなりますのでセットアップの姿勢と方向取りはいつもいい状態でいられるように注意しましょう。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|