前腕の回転

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ コンニチハ♪

 

インパクト中のヘッドの軌道に対してフェースが左へ向いて当たるとフックボールになりますがスライスで悩む人の多くはフェースの向きがターゲットより左に向いて左に行くフックボールで困っている人が多いと思います。

 

インパクト前後の腕は左腕とクラブがつくるくの字の角度がキープされ前腕は反時計回りに回転しながらインパクトするとスムースにクラブヘッドが走りフェースの向きも元に戻ってきます。またこの際に上腕は回転せずに肩甲骨と一体化していることも重要です。

 

これに対し、フックで困っている方は前腕が回転する際に手首が自分から見て右側に折れてシャフト軸を反時計回りに回してしまったり、右脇の背中側がゆるみ腕全体が反時計回りにねじれてクラブが返りすぎ、フェースがターゲットよりも左へ向いたインパクトになってしまっていると思います。

 

スイング中の力の入り方としては手首はグラグラしないようにしっかりと固まった上で前腕の回転が起こるように柔らかく出来ると上記の通りの良い動きになってくれます。

 

決して前腕に力を込めて前腕を回すわけではないので注意してください。

 

( ・・)_/ゞ ~゜ (「゚ー゚) オッ! フェード気味!! ( ・ P