右肩が高すぎるフィニッシュ

| |・) |ε・) |( ・ε・)ノ ♪

 

今日は両肩を結んだ線とフェースの向きの関係についてお話したいと思います。

 

前傾姿勢を取らずに直立した状態でクラブをグリップしてシャフトを水平にしたとします。この時の左肩と右肩を結んだ線が水平、リーディングエッジが垂直になっているとします。実際のセットアップでは左肩の方が右肩より高くなるのが普通ですが説明の便宜上お許しください。

 

リーディングエッジを時計の針に見立てて12時を指している上記の姿勢から左肩を上へ右肩を下へ動かすとリーディングエッジは3時に近づきます。この状態をフェースが開いている、オープンフェース、フェースが右を向いているなどといいます。逆に左肩を下げて右肩を上げるとリーディングエッジは9時に近づきます。この状態はさっきと逆のフェースが閉じている、クローズフェース、フェースが左を向いているといいます。

 

ということは、スイング中、右肩の方が低すぎるとフェースが開いてスライスになり、逆高すぎるとフックになる大きな要因となります。

 

もし、フックでお悩みの方の中でダウンスイングやフォロースルーで右肩が高い、左肩が低い、と思い当たる方は両肩の位置関係を見直してみるといいでしょう。

 

((((((( ‥)ノ |EXIT|