曲がり幅

バナナスライスやチーピンと呼ばれるような大きく左右に曲がる球があります。

 

球の曲りの要素を決めるのはスイング軌道とクラブフェイスの向きになるのですが、自分がどういったスイング軌道をしているのかをまず確認するとよいでしょう。

 

アウトサイドインやインサイドアウトの軌道が強い方は曲がり幅も大きくなりやすいので、オンプレーンのスイングに近づけると球の曲り幅も減ると考えられます。

 

スイングの軌道がオンプレーンに近い方は、インパクト時のクラブフェイスの向きの安定を目指すと良いでしょう。このタイプの方はクラブフェイスの開閉をテーマに色々と実験されてみてください。