インテンショナルフック

インテンショナル(意識的に)フックを打つ時の打ち方が本や雑誌その他のメディアなどでよく紹介されていて、多くの場合打出し方向にスタンスを向けてフェースはターゲットに向けて構えて打つという内容である事が多いと思います。

 

もちろんその通りなのですが、やってみると右に真っ直ぐ飛んで行ってしまうという人が多いようです。この逆のインテンショナルスライスはバンカーでのエクスプロージョンショットと共通点が多く、フェースが開いた状態で砂を叩けると成功率が高くなるのにフェースが返ってしまい砂を深くとり過ぎて出ない、これを嫌がってホームランという負のスパイラルに嵌まってしまいます。

 

これには理由があって、クラブの持つ性質との関わりがあります。

 

スイングをするとクラブヘッドに対しての遠心力がかかりますが、この遠心力によりクラブヘッドの重心がシャフト軸上に行こうとします。簡単にいうとヘッドが返ろうとするのですが、この返り方がアドレスで開いて(右に向ける)おくと大きく返り、閉じて(左に向ける)おくと返らなくなるのです。

 

そのために右に向いて構えてフェースを閉じて構えても普段よりも返らないのでアドレスよりフェースが右を向いたインパクトになり戻りきらなかったり真っ直ぐ右にすっぽ抜けるショットになりやすいのです。

 

ということはインテンショナルフックを打つ時は、アドレスが完成したら普段の通りではなくインパクト直前からフォローにかけてフェースが普段よりも閉じるようにスイングすれば成功すると言い換える事が出来ます。

 

このクラブの持つ性質に馴れるとインテンショナルショットの成功率が高まります。