ターゲットライン

練習場でマットの向きに打ってると、いい球を確率良く打てる人が、右を狙ったり、左を狙ったりすると途端にミスショットを多発する場面を多く目にします。

上記の現象は、ターゲットラインに対しての体の向きや、体に対してのボール位置が変わる為に起こるケースが多くあります。

マットの向きに打っていた時には、ストレートに近い球が、右に狙った時にフックやスライスに変わる場合などは、体の向きやボール位置が変わっていると考えて良いでしょう。

フック系の球に変わる場合は、体の向きは目標よりも右に向いている。またはボールの位置が中よりになっているケースが疑われます。

反対にスライス系の球に変わる場合は、体の向きは目標よりも左に向いている。またはボール位置が外よりになっているケースが疑われます。

マットの向きに打っている場合と、目標を右や左に設定した場合に、アドレスの向きや、ボールの位置などに変化が起きていないか?

市販のアライメントスティックを使用したり、仲間の方にチェックしてもらうと自分では気づかないアドレスの癖などが発見できるかもしれません。

目標に正しく構える為に、定期的にチェックをすることをお勧め致します。