ハーフショット練習

スライスやテンプラにお悩みの方にお勧めの練習法をご紹介します。

ハーフショットと練習と聞くと、ウェッジや7番アイアンを想像される方も多いと思いますが、お勧めのクラブはドライバーです。その際に少しティーアップの高さを高めに設定して行ってください。

スイングの振り幅は、クラブのシャフトが地面と平行位の位置で試してください。

テンプラとスライスの大きな原因は、インパクトゾーンでクラブヘッドが高い位置からボールに衝突する事です。

上記の振り幅でテンプラが出る方は、クラブヘッドを低い位置からボールに当てると良いでしょう。

スライスされる方や、球が高く上がりすぎる方は、ダウンスイングで、右手の前腕部が時計回りに回転されている可能性があります。右手の前腕部を反時計回りに回し、クラブフェイスがスクエアに戻るように注意されてみてください。

ドライバーのハーフショットで、高い球が出るのはスライスやテンプラ癖のある方の特徴でもあります。

機会があれば、試してみてください。