「頭を残して打つ」って何のために?

良いショットをするための教えの一番ポピュラーなのは「頭を残せ」、「ボールを最後まで見ろ」、なのではないでしょうか?

 

スイングをするとどこかに体の回転運動の見かけ上の軸が結果的にできます。

 

この軸の上部が安定するようにするための教えのいくつかが上記の様になります。

 

軸なので上下の2点が固定されると軸が安定する事になります。

 

なので、「頭を残せ」だけでは不十分で、首の付け根(第一胸椎)と尾てい骨の中心の2点がアドレス位置からぶれなければショットが安定します。

 

この軸の下部を安定させるために、「べた足で打て」などという教えがあります。

 

いくらボールをよく見ても軸がぶれてしまったらショットもぶれますし、ボールを見ていなくても軸がぶれなければショットは安定します。

 

スイングの何かを試す時は何のためにそれをやるかを理解して練習するようにしないと頭を残し過ぎて体が回らなくなったり、べた足にしすぎて右に体重が残り過ぎるようなスイングになってしまうこともありますのでご注意を。