パターの練習といえば

パターの練習をしようと思った時にどんな環境でどんな練習をするかですが、練習グリーンでできたらいいですよね。

 

しかし、なかなかお手軽に練習グリーンがある場所にいくことができない人が多いと思います。

 

そこで、昔からパターマットというものがあります。

 

パターマットは、通販のマッサージチェアやフィットネス用品のように部屋の隅に追いやられることが多いものの一つです。

 

なぜでしょう?

 

つまらない、飽きた。

 

という理由でしょう。

 

ラウンド中のパターは、これを入れたら○○、外したら××、というように、そのホールのグリーンに乗るまでのストーリーやそのホール、そのラウンドのスコアを背負って打つことになるものなので、上手くいったらとても嬉しいわけで、何も背負わずに部屋でパターマットで練習する場合はそういったプレッシャーが無いうえに単調な繰り返し作業になるので、一度パターマットでカップに入れられるようになるとつまらなくなってしまうでしょう。

 

かといって、練習を積まないとなかなか上達も望めません。

 

 

パターマットの練習でパターが上手くなった人は、パターマットでの練習が飽きないように工夫したり、つまらなくても継続して行うことができた人達なのでしょう。

 

連続して何球カップインするか、実戦を頭の中で想定したり、色々と工夫していたのでしょう。

 

パターが上手くなりたいと思ったらまず、どのように継続して行くかを決めてから始めて自分のペースで進めていって欲しいと思います。