緊張しやすい人

レッスンをしていて、この方は緊張で、体がガチガチになっているなと感じる場面があります。

上記の方達のボールを打つまでの手順をよく観察していると、一定した手順を持たない方がほとんどです。

素振りをしたり、しなかったり、ワッグルを行ったり、行わなかったり、構えてからボールを打つ時間もマチマチです。

ボールに打つまでの手順を一定にする事(ルーティン・ワーク)は、スイングを始める前の邪念を防ぐ事や、筋肉の硬直を防ぐためには大変有効になります。

実際、プロの試合などを観戦していても、個人、個人によりルーティンは異なりますが、皆さん、それぞれのルーティン・ワークを持たれています。

プロのスイングは、真似をするのが難しいと思いますが、ボールを打つまでの手順は、練習を積めば、しっかりと上達するものだと思います。