上級者が陥りがちなアプローチの状態

アプローチショットでは、キャリーとランの比率を上手く使い分けられれば、色々な状況に対応する事が出来ると思います。

 

しかし上級者の方の中には、ザックリなどのミスショットの後遺症から、安全策として上から潰すように打つ事を習慣化してしまう方がいます。ダウンブローでボールとクラブヘッドを直接当てられればザックリは起きないという事かもしれません。

 

このようなアプローチの状態を、上から突っつくという表現をする方が多いのですが、結果ソフトなタッチのアプローチが出来なくなり、グリーンエッジからピンまでの距離が近いときや砲台グリーンなどに、苦労されている場面をお見かけする事があります。もちろん直接グリーン面に落とさずに、クッションを使って寄せられるかもしれませんが、クッションさせる場所が、芝が短く刈り込まれているとは限らないかもしれませんし、土手の角度をよく調べて、球のスピードや突入角度などのイメージも鮮明にする必要があるでしょう。その点、グリーン上にキャリーさせれば不確定要素が少ない場所ですので、計算はしやすいと思います。

 

もちろんライなどが悪かった場合には突っつき打法もありだと思いますが、ライもよく球をフワリとあげられるケースなどでは、積極的に球をあげる事も日常的に行なっておいた方が良いと思います。

 

SWやAWを使って、出球を低く出すアプローチと、高く上げるアプローチの2種類を練習すると良いと思います。言い換えるとクラブヘッドとボールを直接コンタクトさせる打ち方と、クラブのソールを滑らせるようにダフり気味に使う打ち方という事になるでしょうか?

 

ゴルフで調子を崩す事になりやすい状態は、過度なスイング軌道が考えられます。ダウンブローが強すぎたり、アッパーブローが強すぎたり、アウトサイドインの軌道、インサイドアウトの軌道が強すぎたり・・・

 

ミスをしないゴルファーはいないと思います。数回のミスで、超保守的なゴルフにならない方が良いでしょうし、完璧主義より楽観主義の方が、ゴルフを楽しめると思います。