一球入魂♪

私の先輩であるKプロの大学時代の練習のエピソードをご紹介します。

nbsp;

ある日の午前中、Kさんが練習場の端の打席のベンチで2時間ほどいたのちに、打席に入り2,3度素振りをしてからボールを1発打った後にどこへともなく立ち去り、夕方また打席へ戻ったと思ったら、また1発だけボールを打って立ち去っていきました。それから練習場の終業直前にまた1発。そして球拾いを手伝って帰っていきました。この日の練習は計3発。

nbsp;

この時の真相を確かめたわけではありませんが、実際に打ったのは立った3発に過ぎませんが、頭の中ではきっと膨大な量のボールを打っていたに違いないと思っています。

nbsp;

練習というのはスイング作りの為に数多くの打ち込みも大事ですし、今回のエピソードのように極端な例ではありましたが、1発に対して文字通り魂を込めて打つ練習もとても大事だと思います。

nbsp;

練習は、ただ数多くのボールを打つだけでは逆効果にさえなってしまうこともありますしやり方によっては自分にとっての大きな財産にもなりますから、自分なりに少しでも効果的な練習ができるように工夫をして上達していって欲しいと思います。

nbsp;

((((((( ‥)ノ |EXIT|

nbsp;

nbsp;