スイングの衣替えの準備はお済みですか?

桜も満開になり気温が上がってきました。

 

ゴールデンウィークを過ぎると1年で芝生が最も旺盛に成長する時期に入ります。

 

そうなると、芝生の上にボールが浮くようになります。

 

冬場ターフが深くとれ、球が低い人は長いクラブでボールが上がりにくくなります。

 

芝生の上に浮いていると地面からの反力が小さくなる為ロフトが立ってヘッドの入射角がきついとインパクトで芝生の中にボールが沈み込むようにして低い打出し角になってしまいます。

 

夏場の芝生ではダウンブローの度合いが小さいか、レベルにボールをヒットするインパクトが適しますのでこれらの傾向をお持ちの方は夏用のスイングに衣替えするようなつもりでスイングの調整をしましょう。

 

また、ショートアプローチでは冬場にランニングアプローチを多用するスタイルから、ロブショットが必要な状況が増えていきますので今のうちにロブショットを練習しておくことをおススメします。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら

you tubeにレッスン動画をアップしています。

⇒レッスン動画はこちら

関連記事はこちら   夏場と冬場のゴルフのゴルフの違い

夏場はロブショットを出来るようになるように努力し・・・