レンジボールとコースボールの飛距離差

ゴルフの練習場で使われているボールのことをレンジボールといいます。

 

レンジボールは鳥かごの小さな練習場のネットが破れにくいように反発が低いものからコースボールに近い飛距離性能のものまであります。

 

 

一般的にレンジボールとコースボールでは長いクラブほど飛距離は大きく変わりますが、ショートアイアンでは飛距離差があまりありません。

 

ショートアイアンやショートアプローチではレンジボールの方が打ち出さ角が低くなるのでショートアイアンでレンジボールを打った時には打出しが遅くても低く飛ぶ分飛距離が出ます。

 

レンジボールの方がコースボールよりも大きく曲がる球が打てます。

 

コースボールの方が耐久性は低くなる為、コースボール使用の練習場は球の交換を頻繁に行わなければなりません。

 

レンジボールとコースボールの違いはこんな感じです。

 

これを踏まえて練習場で番手毎の飛距離を知ろうとすることはあまり考えない方がいいでしょう。

 

番手毎に飛距離差がしっかり出ているかどうかをチェックする程度でいいのではないかと思います。

 

ショートアプローチの飛距離についてはキャリーとランの比率は変わりますが、トータルのに距離は参考にしてもいいでしょう。

 

ロブショットの練習時はコースボールだと球が高く上がり過ぎて天井にぶつかり跳ね返って危険になる事もありますのでレンジボールであることを確認しながら打つようにして下さい。

 

球を曲げる練習する場合はレンジボールの方が大きく曲がることを理解した上で行った方がいいでしょう。

 

他には摩耗が激しいボールを打つと球が左右に揺れて飛んでいくことがあったりしますが、これは気にしないに限ります。

 

等々、コースボールとレンジボールの違いを正しく理解して効果的な練習をして下さい。

 

 

GSIゴルフジムでは体験レッスンの受講生を募集しています。

⇒体験レッスンはこちら