ターゲットを変えて球筋をチェック

練習場でボールを打っている時に、マットに沿って真っすぐ狙う、右方向のターゲットに向かって狙う、左方向のターゲットに向かって狙う。この3方向のターゲットに向かって打った球筋がバラバラになってしまう事がよく起こると思います。

 

例として右方向のターゲットに狙った場合はフック系のボールになり、左方向のターゲットに狙った場合はスライス系のボールになるケースなどです。(人によって球筋は違うと思います)

 

 

上記のような場合は構え方やスイング軌道、ボールの位置などが変わったために起きている現象であると考えられますのでアライメントスティックなどを使用してアドレスやボール位置の確認や、お知り合いの方などにチェックしてもらい、いつものアドレスと何が違うのかチェックしてもらうと自分のクセなどを知ることが出来るかもしれません。

 

 

練習場で打席を確保する時なども、真ん中付近や右端に近い打席、左端に近い打席など様々な打席でどのような球筋が出やすいかチェックする事も良いと思います。