練習場とゴルフコースの違い

練習場で打っている時とコースで打っている時で感覚が違うという方がいますが、これは当然の事ではないか?と思います。

 

練習場の多くは足場が人工芝でコースでラウンドしている時は足場が天然芝です。

 

天然芝の上でスタンスを取ると足場は体重によって少し沈んでしまいます。

 

それに対し練習場の人工芝では足場はほとんど沈みません。

 

上記の現象を考えた場合に、スイングの回転中心の位置は練習場のほうが高くなり、スイング軌道はわずかにアップライトになると考えられます。

 

他にも天然芝の方がすべり易いなどの要因もあると思います。

 

練習場では上手に振れるが、コースで上手くスイングが出来ないというお悩みをお持ちの方は、ゴルフシューズの踵の高さやスパイクレスのパターンを変えるなどゴルフシューズに解決策を見出すことが出来るかもしれません。